conceptMain

会社概要

会社概要

アイディアは「宇宙船」で

「アイディアは月に行って考えよ」――それが私どもの創業者の言葉でした。「地球全体のことを考えるのに地球にいてもらちがあかない。月に行って地球を眺めて考えよ」と。

今また時代は変わり、「アイディアは宇宙船に乗って考えよ」に訂正しなければなりません。宇宙船に乗ってあらゆる角度から地球を眺め、あるいはさらに距離を置いて遠くから眺めてこそ、新しいものを生み出すことができるのです。

品質と機能との出逢い

「品位と機能美は受け継がれてゆき、伝統は質の良い アイディアとともに進化します。グローバルな世界観の中での国際共通語は “高品質” と “高機能” です。それらの出逢いの時、生産は至高の善となります。

今、千代田が自信を持って送り出すヒット商品たちは、必ずやあなたの新境地を拓くに違いありません。

会社概要

会社概要

商号千代田金属工業株式会社
資本金1,000万円
所在地〒125-0061 東京都葛飾区亀有2-18-21
TEL:03-3690-5779(代)
FAX:03-3604-6767
sales@cki.co.jp
創立昭和42年(1967年)7月7日
営業内容製菓・製パンの整形用型製品、多岐の食品加工製造に関わる型製品を中心とした糧食器の設計製造販売及び表面処理
主要製品製菓用型製品・天板・型天板
製パン用型製品・天板
食品加工用型製品
代表取締役吉田 達
加盟団体社団法人日本食品機械工業会 (日食工)

日本製パン製菓機械協同組合(JBCM)
会社沿革

会社沿革

昭和42年(1967)東京都葛飾区において創業者吉田欣也により糧食器製造販売を主とする千代田金属工業を創立。
昭和46年(1971)糧食器に加え製菓製パン用型類の製造販売も開始。全国にディーラー網を敷設・拡大する。
昭和48年(1973)社名を千代田金属工業株式会社として官報に公告及び設立。
初代社長に吉田欣也就任。
製菓用連結焼型「レモンケーキ型25連」を発売。全国にブームを起こす。
昭和49年(1974)製品にテフロン・シリコン加工を採用。焼き型・連結型を利用した商品開発に大きく貢献。
昭和52年(1977)静岡県における全国菓子博覧会にてマロンケーキシリーズを発表。大反響を呼ぶ。
昭和54年(1979)パフケーキ型シリーズを発表。
同年資本金増額。
昭和55年(1980)業務の拡大に伴い営業部を本社より独立。同区内亀有2-18-21に開設。
昭和56年(1981)傘下の協力工場を組織化、千代田会を結成。
昭和60年(1985)初代吉田欣也死去。2代目社長に吉田達就任。
昭和61年(1986)全製品をフルモデルチェンジ。
さらに高品位な TINPLATE 素材を標準採用し、高い信頼性を実現。
昭和62年(1987)日本製パン製菓機械協同組合に加盟。
昭和63年(1988)社団法人日本食品機械工業会に加盟。
平成 9年(1997)材料メーカーさんととのコラボでスティックケーキ(ラフト型)ヒット。
平成10年(1998)サイバーコート(抗菌テフロン)を発表。
平成14年(2002)セラミックコートを発表。
平成18年(2006)ルレデセール20周年記念日本大会でヴァローナジャポンをサポート。
平成21年(2009)焼ドーナツのヒット。
平成21年(2009)インターネットで「チヨダブランド」人気。